0

育毛剤選びと口コミの罠

育毛剤を選ぶ時、どのような点に注目して選べばよいのでしょうか?

今、インターネットでなんでも買える時代です。
育毛剤も例外ではありませんよね。
たくさんある育毛剤のなかから自分にあったものを選ぶのには「口コミ」や「評価」といったものを参考にされる方は多いのではないでしょうか。

良い口コミが多いものに関しては「良い商品みたいだなぁ」と感じるのが普通ですよね。
一方、悪い口コミに関しては「この商品はダメだ」と感じるでしょう。

これを逆手にとって販売しているお店も実在するので注意が必要です。
ひとつのページから得られる情報だけでは偏りが生じやすいからです。

そのような手口に引っかからないためにも、複数のページから多数の口コミを見ることをおすすめします。

また、育毛剤は商品の特性上、評価が良いものが必ずしも自分にとって効果のある商品であるとは言えないものです。
自分の薄毛の原因を判明させてそれに沿った商品を口コミを参考にして選ぶのが一番ハズレをひかない方法でしょう。

0

女性の薄毛の種類

男性と女性では薄毛の原因は異なってきます。
男性の多くはAGAと呼ばれる男性型脱毛症だと言われています。

女性にもAGAの症状がある方もいらっしゃいますが、多くの場合は「びまん性脱毛症」だと言われていますね。
また、「牽引性脱毛症」というのも女性特有の薄毛の原因です。

まず、びまん性脱毛症の特徴は全体的に髪の毛が薄くなるというものです。
男性のAGAは頭頂部や生え際などに起こりやすく、毛が少ないところがはっきりするというのが特徴ですね。

びまん性脱毛症は、中年以降の女性によく見られるもので老化やストレス・生活習慣が原因とされています。
また、長期間ピルを服用されている方が服用中止した後に発症することがあるようです。

もう一つの牽引性脱毛症は、長時間髪の毛が引っ張られた状態により起こります。
女性は髪の毛を束ねることがありますが、毎日同じような分け目で束ねたりしているとその部分が薄毛になってしまうことがあります。

この脱毛症は、髪の毛を強い力で束ねない・髪の毛を束ねない髪型にするなどで改善することが可能です。

0

薄毛が改善しても育毛剤を使うという事

育毛剤を使用していて薄毛が改善したので使用をやめてしまう方がいます。
実は、使用をやめてしまうのはあまりオススメできないんですよ。

薄毛が改善したら育毛剤を使用しなくても大丈夫だと思っている方は多いんですよ。

髪の健康的な生育のためには栄養というのが不可欠です。
薄毛が改善したのも育毛剤を使用することによって髪の毛に栄養を送り続けた結果である可能性というのは非常に高いと言えるでしょう。

もちろん、生活習慣の改善をした方であればその結果でもありますね。

そこで育毛剤の使用をやめて栄養の供給量がだんだんと下がっていったら…
結果は想像できますよね?
生活習慣の改善のことも考えると全ての人がそうなるとは限りませんが、薄毛に戻ってしまう可能性は十分にあります。

せっかく時間をかけて改善したのに逆戻りしてしまうと、また時間がかかってしまいます。
育毛剤を使って薄毛が改善したら、継続的に使用することがその後の再発の予防にも理想的なんですよ。

0

育毛剤の消炎成分

育毛剤の消炎成分は頭皮の炎症をおさえるものです。
頭皮の殺菌作用があるものもありますね。

頭皮の炎症は抜け毛や薄毛の原因になります。
そして、放置しておくと悪化することも多くなかなか厄介なものです。
度々頭皮が炎症を起こすような方であれば、消炎成分が配合された育毛剤を選ぶと良いかもしれませんね。

育毛剤に使用されている殺菌成分としては
・ヒノキチオール
・l-メントール
この2つの成分がよく使われています。
ヒノキチオールもl-メントールも植物由来の成分ですね。
ヒノキチオールに関しては細胞活性成分としても配合されているようです。

育毛剤に使用されている消炎成分は、グリチルレチン酸 が使われているものを目にすることが多いのではないでしょうか。
他には、グリチルリチン酸ジカリウムという甘草由来の成分も使われていますし、シソエキス等が使われているものもありますね。

殺菌成分、消炎成分ともに、製品によって使われているものはここに挙げたものだけでなく、多岐にわたります。
これらの効果を期待したい場合は、商品の成分を確認してから購入するようにしてくださいね。

0

育毛剤の飲むタイプ

育毛剤には頭皮に塗布するタイプとサプリメントのように飲むタイプのものがあります。

一般的に数が多いのは頭皮に塗布するタイプです。
男性用と女性用や男女兼用といったものがありますね。

男性用は男性ホルモンを抑制する作用が含まれているものが多いです。
女性用は髪の毛の栄養を与えるということに重点を置いている育毛剤が多いですね。

育毛剤の飲むタイプはあまり数が多くありませんが販売されています。
ミレットエキスという植物のエキスを使っているものもありますし、海外製品ですとミノキシジルという医療成分が使われている錠剤もありますが、ミノキシジル自体が高血圧の治療薬として元々使われていたものなので

服用するとなると心配なのが副作用です。
日本では飲むタイプのミノキシジルは育毛剤としては販売されていません、塗布するタイプに関してはリアップシリーズのみとなっています。

また、特に女性の場合に気を付けなくてはいけないのがプロペシアです。
日本ではプロペシアは男性用の脱毛治療薬(AGA治療薬)として医師の処方箋が必要ですが、同じような商品が海外製品で出回っていますし使用している方もいます。

女性の場合はプロペシア等のAGA治療薬を服用は胎児に影響が出るので服用は禁止されています。
製薬会社のHPでは妊娠中は触れるだけでも影響が出る恐れがあるとされています。

AGA治療薬は男性ホルモンに働きかけるものです、女性の薄毛や脱毛の原因とは異なるものに作用するようになっているので間違っても服用はしないようにしてくださいね。

0

ストレスと育毛剤

現代の社会人はストレスを多く抱えている方がたくさんいるのですが、社会に出て仕事をしている方、学生、主婦などそれぞれの環境や生活スタイルは全然違ってきますがストレスを一つも感じていないと言う方はほとんどいません。
自分がストレスを感じていないと思っていても体がストレスと感じている場合があります。

ストレスを感じてしまうと血液の循環が悪くなり、内蔵も活発に機能しないため、胃は必要な成分すら吸収できなくなってしまうのです。
それが原因として頭皮にまで栄養が行き渡らなくなり、抜け毛になり薄毛になってしまいます。

育毛剤を使って改善するのはいいですが、育毛剤を使いつつ日頃のストレスをうまく回避しなければいつまでたっても薄毛から解放されなくなります。
ストレスの解消法がわからない方は、リラックスできることを考えてみるといいかもしれません。

体をリラックスすることによって、ストレスは軽減されるのでぜひおすすめです。
さらに育毛剤を吸収させるようにすると効果があがるかもしれません。

0

育毛剤の効果がでる期間は

薄毛になってしまってから育毛剤を使うにあたってすぐに効果を期待してしまう方がいますが、育毛剤はすぐに効果がでるような即効性ではないのです。
育毛剤を出しているメーカーなどは約半年は使うようにしてくださいと言うように数ヶ月使わないと意味がないのです。

なぜならば髪の毛が生えてくるのには時間がかかりますよね?髪の毛が生えてくるのに時間がかかるのと同時に育毛にも時間がかかってしまうからなのです。

まず、育毛剤を使い始めて実感できるのは、髪の毛にハリが出てくるようになり、しっかりしてきたら触ったときに以前よりふさふさしてきたなどの効果が現れます。
今までは、ハリもなくぺちゃんこだった髪の毛がしっかりして立つくらいしっかりして生えてくるようになります。

このように、じっくりと時間をかけて育毛できるものなので約半年以上は使わないと効果は出ないので根気よく使ってみましょう。
長い期間使うものですから効果すぎるものは避けるようにしましょう。

0

女性の育毛剤

今では女性も薄毛で悩んでいる方が多くいます。
男性に比べて女性が育毛剤を使うことや言うことに抵抗を感じている方もいるのでなかなか思うように育毛剤を使うことができないと言う方もいます。

女性用の育毛剤も今ではたくさん出ていますし、購入している方もいますので、薄毛が気になるならぜひ、使うようにしましょう。
早めの対策が今後の髪の毛をいかせてくれます。

毎日使うものですから、お手頃価格で手に入れられる物を使うようにすると経済的にも楽に使えます。
また、頭皮につけたあとは必ずマッサージをして血行促進し、頭皮をやわらかく保っておくことも大切になります。

また、できるだけ無添加の製品を選ぶようにして必要以上の刺激を与えないようにしなければいけません。
頭皮は刺激を強く受けてしまうと育毛すらできなくなってしまい、逆に荒れてしまっては意味がありません。

特に、女性の頭皮は敏感な方が多いので気をつけて選ぶようにしましょう。

0

育毛剤の種類

育毛剤には、色々な種類があります。
どのような種類があるのか知っておけば自分に合ったものを選べるようになるので知っておくと便利ですね。

まず、血行をよくする血行促進のものがあります。
頭皮の血行をよくすることによって、毛穴の活動を活発にすることができそこに育毛剤で栄養を送るとさらに効果が上がるようになっています。

次に、男性ホルモンの働きを抑えるものがあります。
男性ホルモンの中に含まれるものの中には脱毛する働きをするものが含まれています。
ですから、男性ホルモンの分泌を抑えておくと薄毛になりにくくなるのです。

他には頭皮から分泌される皮脂を過剰に出さないようにするものがあります。
皮脂が過剰に出てしまうと毛穴を塞いでしまい、髪の毛が成長できなくなります。

ですから、皮脂の分泌を抑えておくと毛穴が詰まらないので育毛の効果があるのです。
このように育毛剤の中でもそれぞれの働きが違うので自分の髪の毛の状態をよく観察して自分にあうものを使うようにしましょう。